マガジンのカバー画像

【ユニラボ】エンジニアブログ

49
ユニラボのエンジニアが、当社が提供するBtoB受発注プラットフォーム「アイミツ」他サービスに関連する技術情報、開発現場の裏側、働き方やカルチャーについて発信しています。
運営しているクリエイター

記事一覧

OpenAPIを導入し、安心・安全な開発環境を獲得しました

ユニラボ・アイミツチームで開発を担当しているtk2022と申します。アイミツチームでは、10年続いたサービスのフルリプレイスに取り組み、つい先日そのリリースが完了しました。本記事では、リプレイスの一環としてOpenAPIを導入したその経緯や導入により安心・安全な開発環境を獲得したお話を書きます。 リプレイスプロジェクト全体のお話については、同じくアイミツ開発チームエンジニアのdelikuさんが記事を書いておりますのでそちらもぜひご一読ください。 OpenAPI導入の背景ユ

スキ
6

10年弱続くサービスを1年でシステムリプレイスし、技術的負債を返却しました

アイミツ開発チームでエンジニアリングをしている deliku です! 私も参画していた、去年の春から始動したアイミツサービスのリプレイスプロジェクトが4月下旬にリリースを迎えましたので、今回はその話をしていこうと思います。 ▶︎ アイミツとは日本最大級のBtoB受発注プラットフォームとして2014年にリリースしたサービスで、ユニラボにとってコアビジネスとなっているプロダクトです。 ▶︎ 技術的負債蓄積による当時の状況およそ技術的負債と向き合った方なら想像に難くないであろう

スキ
33

【ユニラボ】PHPerKaigi2022に登壇 & 協賛します!

アイミツ開発チームでエンジニアリングをしている deliku です! いよいよPHPerKaigi2022 の開催が迫ってきましたね! 今年のPHPerKaigiには、弊社も参加(登壇 & 協賛)しています! ▶︎ イベント概要 ▶︎ 当社トークイベント概要 ▶︎ PHPerチャレンジ PHPerKaigi 2022 ではPHPerチャレンジという企画があります。 弊社で用意したいくつかあるPHPerトークンの1つはこちらになります! #PHPとゆかいな型たち

スキ
7

私が開発者体験(DX:Developer eXperience)を大切にしたい理由

アイミツ開発チームでエンジニアリングをしている deliku です! 桜が満開になってきて、いよいよ春を感じられる季節になってきましたね!一方で気温の寒暖差が激しいので、体調を崩さないようにしていきましょう。 ▶︎ 自己紹介▶︎ 開発者体験とは?端的に言うと、ある物事を進める際に心地良く仕事をできていると感じることができるなら開発者体験は良いと考えられ、逆に開発を行うなかで不便を感じることがあるなら体験は良くないとなります。コードを書くことが日々のメイン業務のエンジニアの場

スキ
7

チームトポロジー ~ 価値あるソフトウェアをすばやく届ける適応型組織設計 ~ を読んで

アイミツ開発チームでエンジニアリングをしている deliku です! 今更ブレワイを購入して遊んでいるのですが、めっちゃ楽しいですね。 ▶︎ 自己紹介 価値あるソフトウェアをすばやく届ける に惹かれて、チーム / 組織設計についてなにか掴めるものがないかアンラーニングしたいと思います。 この本は下記のパートとチャプターに分かれており、読者が解決したい課題に対して、どのように読み進めるべきかを提示してくれています。私の場合、下記に興味があったので「チームファースト思考」の

スキ
6

【ユニラボ】Laravel9にバージョンアップしました!

アイミツ開発チームでエンジニアリングをしている deliku です! ベランダにウッドデッキを設置し、そこでコーヒーを飲むことが日課になりつつあります。 ▶ 自己紹介 ▶ ユニラボが展開するサービス 弊社は、何かを発注したいビジネスパーソンと、お仕事を受注したい企業を、適切かつ効率的にマッチングするサービスとして、アイミツ、アイミツSaaS、アイミツCLOUDの3プロダクトを展開しています。事業内容について広報のウニの解説記事をご覧ください。 ▶ ユニラボの技術スタッ

スキ
8

readouble.com へ寄付しました

readouble.com Laravelドキュメントを日本語翻訳しているサイトになります。Laravelを触れたことのあるエンジニアは一度は目を通したことがあるのではないでしょうか。以前下記のtweetがあり、微力ながら寄付という形で支援いたします。 下記のページから寄付が行えます! PHP Foundation 以前、PHP  Foundation にも寄付をおこなっています。 PHPを普段利用されている方はこちらもどうぞ!

スキ
8

【ユニラボ】ユーザーからリスペクトされるシステムをつくる

株式会社ユニラボのCTO 菅原です。 まずは当社の紹介からさせて頂きます。 当社は、アイミツ、アイミツSaaS、アイミツCLOUDの3つのサービスを提供し、ビジョン「受発注を変革するインフラを創る」のもと、BtoB受発注プラットフォームを展開しているIT企業です。 現在、在籍しているエンジニア・デザイナーの社員数は23名になります。 2022年はプロダクト開発加速の節目当社の2022年は、プロダクト開発の基盤整備が完了を迎え、後半から開発の加速が始まる節目の年になります。

スキ
23

【ユニラボ】PHP 8.0 から 8.1にバージョンアップしました!

アイミツ開発チームでエンジニアリングをしている deliku です! 最近、マインクラフトをサバイバルモードで夜な夜な遊ぶことにはまっていて寝不足気味になっています。 ▼ 自己紹介「アイミツ」は、何かを発注したいビジネスパーソンと、お仕事を受注したい企業を、適切かつ効率的にマッチングするサービスです。 ▼ アイミツサービス PHPのバージョンアップについて弊社では複数のプロダクト開発を行なっていますが、主要プログラミング言語として、いずれもPHPを採用しています。 PHP

スキ
11

【ユニラボ】2022年システム部長の抱負

前書きと自己紹介ユニラボシステム部長の田中です。 今日は、簡単に、今年の抱負を書いておきたいと思います。 自分は、これを書いている22年1月末でちょうど入社3年になります。 前半は企画部長/プロダクトオーナーをやっており、 ここ1年半ではシステム部長を兼任→専任しています。 (↓は入社1.5年時点の記事) これまでとこれからの概観ここ1.5年、システム部長としてやってきたことを概観すると、 以下のようになります。(※直接の施策や開発案件は除いてます) 2022年は、

スキ
19

【ユニラボ】アイミツ開発チームのパフォーマンスをFindyTeamsで可視化してみた

アイミツ開発チームでエンジニアリングをしている deliku です! ユニラボでは今年からFindyTeamsを導入して、エンジニアチームの生産性の可視化を行うようになりました。 今回はなぜ可視化が必要か、 生産性の改善に向けた施策についてお話ししたいと思います。 なぜ生産性の可視化が必要か? 「エンジニアの生産性」自体、抽象的な概念です。 具体化し、継続的な定量評価できる状態にしないと、「自分達のパフォーマンスは良いのか、良くないのかわからない状態」となってしまいます。

スキ
27

【ユニラボ】ネタに困りながらもエンジニア勉強会を続けて1年半経った。

こんにちは! ユニラボでアイミツCLOUDの開発エンジニアをしているタニザワです。 2020年4月に入社してから、エンジニア勉強会を立ち上げ、主催してきました。 今回はユニラボのエンジニア勉強会についてお伝えできればと思います! エンジニア勉強会を開催することになったけども、 どうすればいいかわからない方、 ネタに困っている方 の助けになればと思います。 ユニラボのエンジニア勉強会ってどんなの現在、ユニラボには正社員のエンジニアが約20名所属しており、そのエンジニアメン

スキ
20

プロダクト開発にScrumを導入した話 [3/3]

五反田にあるベンチャー企業のユニラボでアイミツCLOUDというSaaS型のwebサービスの開発でスクラムマスター(SM)をやっています、みね@ユニラボ(@mine_take)です。 前回までにスクラムの導入を決めた話と導入するまでに行なった内容を書きましたが、今回はその続編で最終回になります。 今回はスプリントに入る前のフェーズのスプリント0(※1)を実施した話と、現在のスプリントまで改善したことをまとめていきたいと思います。 スプリント0をやってみてスクラムの考え方や

スキ
30

ユニラボに入社して2ヶ月の振り返り

こんにちは!10月1日入社の渡邉と申します。 ユニラボにジョインして2ヶ月が経過したので、振り返りを兼ねて入社エントリを今回書かせていただきます。 人生初の転職エントリでどきどきしながら書いていますが、ユニラボに興味を持ってくださっている方に少しでも参考になるお話しができれば嬉しいです。 以下私の簡単な経歴のご紹介です。 ・文系大学出身 ・新卒でSIer企業に入社 ・営業システムやtoBの新規プロダクト開発等を開発 ・キャリア後半は要件定義や設計、リーダー業務を主に担当して

スキ
13