マガジンのカバー画像

【ユニラボ】エンジニアブログ

39
ユニラボのエンジニアが、当社が提供するBtoB受発注プラットフォーム「アイミツ」他サービスに関連する技術情報、開発現場の裏側、働き方やカルチャーについて発信しています。
運営しているクリエイター

2021年6月の記事一覧

チームコラボレーションサービス「miro」で画面遷移バリエーションを可視化してみた

リモートワークが浸透し、オンライン上でチームメンバーとディスカッションする機会が増えていると思います。オフラインでやっていた体験をそのままにアイデアを共有したいときに「miro」を使うと作業が捗ります。 miroの良いところ・リアルタイムで同時に複数人で編集できる(お互いが何をしているかカーソルを視認しあえる) ・Miro上でビデオ会議ができる(Google Meetでビデオ会議しながら、miroを画面共有しなくて済む) ・図をかく、付箋をはる、ペンの色を変えるなど、オフラ

スキ
6

PHPStorm For Laravel 設定してみた。

ユニラボでは最近有償エディタのライセンスを会社負担で購入できる制度ができまして早速申請して初期設定をしてみました。 元々VScodeで開発していたのですが、こういう機会がないと新しいエディタに触れる機会がないのとさらに開発効率が上がることを期待して乗り換えてみました! PHPStorm設定1. 日本語化  https://plugins.jetbrains.com/plugin/13964-japanese-language-pack------ 2. Rainbow

スキ
5

越境して仕事するということ

最近携わっているプロジェクトではスクラムでゴリゴリ開発を行っています。チームで物事を前に進めていくのを体感できるのが面白いのと、タスクが続々とDoneになっていくのを見るとテンションが上がります。 - Zube の Sprint Board -  最近思っていること現在 私が所属している ユニラボ では、3プロダクトがローンチされており、それぞれのプロダクトにエンジニアチームが分かれている形になります。チームが分かれるとどうしても事業軸で縦のつながりが濃くなり、エンジニア

スキ
12