マガジンのカバー画像

【ユニラボ】エンジニアブログ

39
ユニラボのエンジニアが、当社が提供するBtoB受発注プラットフォーム「アイミツ」他サービスに関連する技術情報、開発現場の裏側、働き方やカルチャーについて発信しています。
運営しているクリエイター

#unilabo

プロダクト開発にScrumを導入した話【後編】

五反田にあるベンチャー企業のユニラボでアイミツCLOUDというSaaS型のwebサービスの開発でスクラムマスター(SM)をやっています、みね@ユニラボ(@mine_take)です。 前回までにスクラムの導入を決めた話と導入するまでに行なった内容を書きましたが、今回はその続編で最終回になります。 今回はスプリントに入る前のフェーズのスプリント0(※1)を実施した話と、現在のスプリントまで改善したことをまとめていきたいと思います。 スプリント0をやってみてスクラムの考え方や

スキ
26

プロダクト開発にScrumを導入した話【中編】

ユニラボでアイミツCLOUDという新規事業のプロジェクトでエンジニアのマネージャーをやっています、みね@ユニラボ(@mine_take)です。 前回スクラムの導入を決めた話を書きましたが、今回はその続編になります。 スクラムの導入をしようと決めて、いきなり「明日からスクラムを始めます!」ということではなく、準備が必要になりますので、スクラムを始める前に準備することをまとめました。 スクラムの導入前に必要なことまとめ主に2軸です、スクラムの価値観をチーム内で共通すること、

スキ
26

コードレビューのフォーマットに「GOOD」を追加した想い

こんにちは。アイミツの開発を担当している木崎と申します。 この記事では、「アイミツ開発チームで行っているコードレビュー文化 」でも触れられている、コードレビューのフォーマットにGOODを提案した想いとその後の反応について詳しくご紹介いたします。 なぜGOODを提案したのか上述の記事でも触れているように、アイミツ開発チームでは、レビュー時の意思疎通を円滑にするため、「修正必須、こうして欲しい、私的な意見、細かい指摘ですが」というニュアンスを、レビューコメントに「must, w

スキ
11

アイミツ開発チームのテスト実行時間を1/2にしました

アイミツ開発チームでエンジニアリングしてる deliku と言います。 私の自己紹介やユニラボでどんなことをしているかは、下記の記事を読んでいただければと思います! 開発サイクルを高速にまわすうえで、CIの時間効率化はどこの現場も悩みの種ではないでしょうか?結論はタイトルの通りですが、今回はアイミツ開発チームで取り組んだ施策について話したいと思います。 Seeder依存したテストケースをFactory利用へ。アンチパターンですが、開発当初はテストを行うためにSeederに

スキ
18

アイミツ開発チームで行っているコードレビュー文化

アイミツ開発チームでエンジニアリングしてる deliku と言います。もはやコードレビューをすることがデファクトスタンダードになっている業界ですが、会社やチームによってやり方やルールが違っていて面白いなと思っています。今日は、アイミツ開発チームで取り組んでいる施策について話したいなと思います。 Draft Pull Request 実装が完成してから Pull Request を作成すると、コード変更量が多くレビュワーが差分を読み解くのが大変なこと、実装方針が間違っていると

スキ
20